仙台ヤマトハカリ保守・修理・検査
  1. ホーム home
  2. 保守・修理・検査 maintenance
  3. 保守・修理・検査 maintenance

お問い合わせは、電話・ファックス・フォームメールでお受けしております。
ご質問・ご要望・商品の問い合わせ・お見積りなど、お気軽にお問い合わせください。

保守 maintenance

 仙台ヤマトハカリは、お客様の計量・計測機器の事前保守(予防保全)に取り組んでいます。 計量機・検査装置を末永く御活用いただくためにも、弊社が実施する定期メンテナンスをお勧めいたします。
また計量・計測機器の最新技術に基づく最適化をご提案し、品質・生産性の向上に繋げます。 生産ライン・機器の改造等もお気軽にご相談ください。

定期検査受験前にトラックスケールを点検・調整しますので、検査不合格の心配もありません。
ただし、事前整備の段階で、調整可能範囲を超えている場合など、修理が必要となることもあります。

一般的なトラックスケール事前整備の内容

部分作業内容
ロードセル部
振止部
グリスアップロードセルの清掃・グリスアップと、振止部のグリスアップ・間隙調整をします。
本体構造部
指示部
点検トラックスケール本体(積載盤、主桁、ロードセル、ベースプレート、 和算箱等)を目視点検します。
本体構造部ケレン、塗装トラックスケール本体構造部の錆びのケレンと錆び止め塗装、仕上げ塗装をします。※この工程は器物の状態により実施します。
器差確認分銅荷重秤量の 3/5 にあたる分銅および検量車で、0 kgから秤量の 3/5 までの重量の誤差が使用公差内であるかどうかを確認します。

修理 repair

 計量・計測機器の故障は、生産ライン、試験・検査工程に大きなダメージを与えます。 経年劣化や落雷などの突然の故障も迅速・確実に修理・復旧いたします。
仙台ヤマトハカリは、「早い・安心・確実」なサービスを提供いたします。

故障したり定期検査不合格となったはかりは、修理を行い性能を回復させて修理検定を受ける必要があります。
修理検定とは、ロードセルや指示計など重要部分の修理や交換後に受ける試験のことで、各都道府県の検定所が行います。検定は、検定所にはかりを持ち込んで行う他、大型はかりの場合は設置場所で受験する事もできます。(検定を受験後1年間は定期検査が免除になります)

ただし、メーカーの生産打切り後、多年を経過しているはかりで、交換部品がない場合は修理ができないことがあります。また、現行計量法に対応していないはかりの場合、検定ができないこともあります。

非自動はかりの精度等級と検定公差

現行計量法旧計量法
精度
等級
目量等で表した
質量の値
検定公差精度
等級
目量等で表した
質量の値
検定公差
1級0以上5000以下目量等の0.5倍(平成22年8月31日まで製造のはかり)
5000を超え20000以下目量等
20000を超え100000以下目量等の1.5倍
2級0以上5000以下目量等の0.5倍H級0を超え2000以下目量等の0.5倍
5000を超え20000以下目量等2000を超え10000以下目量等
20000を超え100000以下目量等の1.5倍10000を超えるもの0.01%
3級0以上500以下目量等の0.5倍M級0を超え500以下目量等の0.5倍
500を超え2000以下目量等500を超え2000以下目量等
2000を超え10000以下目量等の1.5倍2000を超え10000以下目量等の1.5倍
4級0以上50以下目量等の0.5倍O級0を超え50以下目量等の0.5倍
50を超え200以下目量等50を超え200以下目量等
200を超え1000以下目量等の1.5倍200を超え1000以下目量等の1.5倍

検査 insection

<はかり>を「取引」・「証明」に用いる場合は、検定証印または基準適合証印が付されたものであること、使用においては定められた期間ごとの定期検査に合格していることが必要です。
また「取引」・「証明」に用いていない<はかり>も、定期的な検査・校正が必要です。 仙台ヤマトハカリは、検査・校正を通じ、お客様の安全・安心・信頼を確かなものと致します。

検定合格済みのはかりでも使用しているうちに誤差が生じることがあります。そこで、取引や証明に使われているはかりは、以後も続けて使用できるかどうかを判断するために、2年に1度、法定の定期検査を受ける事が義務付けられています。
・定期検査は、都道府県知事、特定指定市町村長、経済産業省の指定検査機関のいずれかが行います。
・定期検査の実施時期は各地域により異なります。
・定期検査に合格すると、定期検査済合格ステッカーが貼付されます。
・定期検査不合格となった特定計量器は、その場で使用停止となり、取引や証明には使用できなくなります。廃棄するか、検定を受けた新しい計量器に交換するか、修理を行い性能を回復させて新たに検定を受ける必要があります。

合格条件

定期検査の合格条件備考
(1)検定証印等が付されていること指示計に貼付されている銘板に打刻されています。
(2)性能が検定検査規則に定める技術上の基準に適合すること型式承認番号が銘板に記されています。
(3)器差が、検定検査規則に定める使用公差を超えないこと定期検査における公差は、検定公差の2倍になります。

非自動はかりの精度等級と使用公差
現行計量法旧計量法
精度
等級
目量等で表した
質量の値
検定公差精度
等級
目量等で表した
質量の値
検定公差
1級0以上5000以下目量等(平成22年8月31日まで製造のはかり)
5000を超え20000以下目量等の2倍
20000を超え100000以下目量等の3倍
2級0以上5000以下目量等H級0を超え2000以下目量等
5000を超え20000以下目量等の2倍2000を超え10000以下目量等の2倍
20000を超え100000以下目量等の3倍10000を超えるもの0.02%
3級0以上500以下目量等M級0を超え500以下目量等
500を超え2000以下目量等の2倍500を超え2000以下目量等の2倍
2000を超え10000以下目量等の3倍2000を超え10000以下目量等の3倍
4級0以上50以下目量等O級0を超え50以下目量等
50を超え200以下目量等の2倍50を超え200以下目量等の2倍
200を超え1000以下目量等の3倍200を超え1000以下目量等の3倍

罰 則
適用される行為罰則の内容
(1)定期検査を受けない場合計量法第173条により50万円以下の罰金に処せられます。
(2)不合格になった計量器をそのまま使用した場合計量法第172条により6ヶ月以下の懲役若しくは50万円以下の罰金,又は併科となります。

↑ page top